" />

スポンサーリンク

AWS

AWSのストレージサービス

投稿日:

AWSのストレージサービス

AWSの代表的なストレージサービスは3つあります。

  • EBS
  • S3

EBS Elastic Block Storage

EBSはEC2にアタッチして使用するストレージです。EC2向けSSD/HDDと言うことになります。(S3のようにどこからでも利用できるものではありません。)

特徴説明
自動レプリケート自動的でAZ内にレプリカ(複製)を作成してくれます。
これにより、耐障害性が向上しています。
ただし、AZが落ちると、そこに作成したEBSも落ちます。
ボリュームタイプSSDやHDDの種類のこと。
いつでも変更可能。
ボリューム(容量)SSDやHDDの容量のこと。
いつでも変更可能。
スナップショットS3にEBSの現在の状態を保存することができます。
AZが落ちても、S3は複数AZに冗長化されるため、スナップショットがあれば、それを元に復元できます。
ボリュームの暗号化SSDやHDDの内容を暗号化できます。
プログラムやユーザから意識することはありません。

EC2のインスタンスストア

EC2はEBS同様にインスタンスストアというボリュームも利用できます。

ただし、インスタンスストアはEC2インスタンスが利用する一時的なボリュームです。
そのため、EC2インスタンスを停止するとインスタンスストアの内容は消えてしまいます。

EBSは永続的なストレージであるため、EC2が停止しても消えることはありません。

EBSを利用する

EBSはEC2向けのストレージなので、EC2を作成する画面からEBSを選択できます。

EC2のインスタンスタイプ選択画面。インスタンスタイプごとに選択できるストレージは決まっている。

ストレージの追加画面。ここでEBSのボリュームタイプを選択できる。

各ボリュームタイプの説明は?にマウスを乗せると見ることができる。

IOPS = I/O Per Second。秒ごとの読み書き可能回数。
汎用SSDボリュームは100/3000の固定である。

プロピジョンドIOPS を選択すると、IOPSを入力できるようになる。

プロビジョン‥「予測して準備しておく」と言うこと。

スポンサーリンク

-AWS

Copyright© ノリックジオグラフィック for Webエンジニア , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.