" />

スポンサーリンク

Webマーケティング

キーワード選定と記事の作り方

投稿日:

良いコンテンツとは?

検索した人のニーズ(検索意図)を満たすもの

  • 同じ検索キーワードでも、さまざまなニーズがある。
  • 1語のキーワードより、2語・3語の方が検索意図は読み取りやすい。
  • 同じ検索キーワードに対して、人数が多そうなニーズは必ず含めていく必要がある。
  • その上で、人数が少ないニーズも含めていく。

Googleの考える良いコンテンツとは?

Googleがどうやって良いコンテンツかどうか判断しているか。

  • ユーザーが、Googleに戻ってくるまでの時間(直帰時間)
  • ユーザーが、Googleに戻ってきた率(直帰率)
  • ユーザーが、Googleでキーワードを変更して検索しなおした率

キーワード選定の流れ

キーワードのリストアップ

  • ラッコキーワード
  • Googleキーワードプランナー
  • Googleトレンド
  • Yahooリアルタイム検索
  • Yahoo知恵袋

このようなところから抽出する。

メインキーワードの絞り込み

リストアップしたもを下記観点で絞り込み、メインキーワードとする。

  • サイトのターゲットに合っているか。
  • サイトで扱うべきキーワードか。
  • ニーズは十分あるか。
  • 競合サイトに勝てそうか。

メインキーワードを広げる、ニーズを知る

ラッコキーワードにメインキーワードを入力する。
関連キーワードから、ニーズ(検索意図)を探る。

検索ボリュームではなく、ニーズを基にキーワードを集めるのが重要。

キーワードを整理してコンテンツ案を作る

ラッコキーワードに出てきた関連キーワードをカテゴリ分けして、コンテンツの大構造を作っていく。

コンテンツごとに記事案に落とし込む

コンテンツごとに

  • メインキーワード
  • 関連キーワード
  • 上位サイトの傾向
  • ニーズ
  • 想定ターゲット
  • ターゲットが得ること

をまとめた上で、H1タグ〜H3タグまでの見出しレベルの記事案を作っていく。

記事を作る

記事案に沿ってライティングを行う。

注力すべきこと

ユーザーニーズを汲み取ることは、自分でやるしかない。

スポンサーリンク

-Webマーケティング

Copyright© ノリックジオグラフィック for Webエンジニア , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.