" />

スポンサーリンク

開発

テスト自動化について思っていること

更新日:

 テスト自動化について学ぶ前に、「ソフトウェアテスト」全体について知っておかないといけない。全体のどこが自動化できるか?という話になると思うから。


 変更しやすさ・品質維持のしやすさ(テストしやすさ)から逆算したアーキテクチャ、設計が絶対に必要なんだと思う。

キーワード:テスタビリティ


テスト自動化も、DDD等と同じく、変更しやすさ・品質維持のしやすさを向上するための道具の1つに過ぎない。

テスト自動化が流行しているのは、アジャイル開発の流行、それによるDDDの流行が背景にあると思う。


自分の経験として、JUnitをうまく扱えているプロジェクトはなかった。途中でJUnit組むのをやめているか、ただ組んでいるだけ。

テスト戦略の観点から、テスト自動化の意義を理解できているプロジェクトはほぼない。


テスト自動化(=JUnit組む)によって欲しい結果は…
・単調なテストを手動でやる時間を減らせること
・デグレ防止


どうしても、結局は手で動かす必要はある。ただ、すべてを手で動かす必要はない。
手で動かす部分と、自動テストでやっていい部分の切り分けが第一。


そりゃあ、テストが仕様を表すようになるのが理想なのはわかる。テストは「期待」通りに動くことを確認するもの。期待=「仕様」だから。


自動テストも人が書くものだから、人以上のことはできない。

人が書くものだから、自動テストコード自体が間違っていることがある。でもそれは、手動テストでも同じ。手動テスト自体が間違っていることがある。だから、そのことが自動テストをやらない理由にはならない。


なぜ私が自動テストをやる気にならないか、現場でやらない方向に倒したくなるか。それは、自動テストをやる決定的なメリットを感じないから。

自動テストもやって、手動テストもやる。と言われただけじゃあ私は動かない。

ここは手動で、ここは自動で。って言ってくれたら喜んで動く。その体系が今の私にはない。

スポンサーリンク

-開発

Copyright© ノリックジオグラフィック for Webエンジニア , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.