" />

スポンサーリンク

Git

ローカルで作ったGitリポジトリをリモート(GitHub)にPushする。

更新日:

GitHubでリポジトリを作成する

まず、GitHubに自分のアカウントでログインして、リモートリポジトリとなるリポジトリを作成しておく必要があります。

リポジトリの画面にプッシュ手順が記載されています。

GitHubに作ったリポジトリをリモートリポジトリとして登録する

現在のリモートリポジトリを確認する

$ git remote
>

リモートリポジトリを登録する前なので、コマンド結果は空が返ってきます。

リモートリポジトリを登録する

$ git remote add origin https://github.com/tahkah0124/noricgeographic-s3-static-site-hositing.git
>

GitHubのコードをそのまま貼り付けて、リモートリポジトリを登録します。

$ git branch -M main
>

現在のブランチをmainブランチにリネームします。
(これは任意です)

リモートリポジトリにプッシュする

続けてpushしましょう。GitHubに記載されているコマンドをそのまま貼り付けます。

$ git push -u origin main
Enumerating objects: 3, done.
Counting objects: 100% (3/3), done.
Delta compression using up to 8 threads
Compressing objects: 100% (3/3), done.
Writing objects: 100% (3/3), 473 bytes | 52.00 KiB/s, done.
Total 3 (delta 0), reused 0 (delta 0)
To https://github.com/tahkah0124/noricgeographic-s3-static-site-hositing.git
 * [new branch]      main -> main
Branch 'main' set up to track remote branch 'main' from 'origin'.

これによって、リモート(GitHub)にプッシュされたはずなので、GitHub上で確認してみます。

確かに、ローカルリポジトリの内容がリモートリポジトリにプッシュされています。

めだたしめでたし。

スポンサーリンク

-Git

Copyright© ノリックジオグラフィック for Webエンジニア , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.