" />

スポンサーリンク

AWS

Amazon SES(Simple Email Service)の基本

投稿日:

メール送受信に使用するプロトコル

SMTPSimple Main Transfer Protocol
メール送信に使用するプロトコル。
POP3Post Office Protocol Version3
メール受信に使用するプロトコル。
受信したメールはメールソフトによってローカルに保存される。
ユーザーはローカルに保存されたメールを見ることができる。
IMAP4Internet Message Access Protocol Version4
メール受信に使用するプロトコル。
ローカルには保存されず、ユーザーはメールサーバー上のメールを見ることができる。
つまり、インターネットに繋がっている必要がある。
メール送受信に使用するプロトコル

Amazon SESでメール送信する方法

Amazon SES API

SDKを利用してプログラムにコーディングして、アプリからメールを送信する。

Amazon SES SMTPインターフェース

SDKは利用せず、SESサーバーにメール送信内容をHTTPリクエストする。

例 pythonで送信

$ cat sendemail.py
# -*- coding: utf-8 -*-
import smtplib
from email.mime.text import MIMEText
from email.header import Header
from email import charset

# 各種情報
account = 'xxx'
password = 'xxx'
server = 'email-smtp.us-east-1.amazonaws.com'
from_addr = 'no-reply@noricgeographic-aws.com'
to_addr = 'xxx@gmail.com'

# SMTPサーバーに接続する
con = smtplib.SMTP_SSL(server, 465)
con.login(account, password)

# 送信するメールのメッセージを作成する
cset = 'utf-8'
message = MIMEText(u'SMTPのテスト', 'plain', cset)
message['Subject']=Header(u'SMTPメールテスト', cset)
message['From']=from_addr
message['TO']=to_addr

# メールを送信する
con.sendmail(from_addr, [to_addr], message.as_string())

# SMTPサーバーから切断する
con.close()

$ python sendemail.py
$

SESの利用はサンドボックスから始まる

AWSサービスとしてSESは最初はSandoboxという隔離された場所に置かれています。

そこで送受信のテストを行った後、サンドボックスから外すという操作をして、本番環境に移行します。

スポンサーリンク

-AWS

Copyright© ノリックジオグラフィック for Webエンジニア , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.