" />

スポンサーリンク

AWS キャリア・スキルアップ

AWS認定資格を取得するメリット。Paizaでいきなりゴールデンスカウトが…

更新日:

2021年、5月11日、AWS認定クラウドプラクティショナーを取得

GW、都内は緊急事態宣言の影響でいろんな施設が休業していました。

子どもが家で暴れ回っているので、動物園や水族館でも連れて行きたいのですが、都内はどこも閉館。

おかげで私はたっぷりAWSの資格勉強をすることができました。

そして会社が休みの5月11日、AWSの資格を秋葉原で受けてきました。
自宅でも受けれましたが、久しぶりに試験会場に行ってみたいと思い、出かけました。

その結果…

無事、合格することができたのです!

使ったテキストは1冊、これだけ。
これを用語集を作って何回も見ていると、記憶に定着していき、何となく行けそうな感じがしてきます。

早速、Paizaに登録してみたら、翌日…

転職はすぐには考えていませんが、一応自分の市場価値を何となく知っておくために、Paizaに登録しています。

登録内容を編集し、AWS認定クラウドプラクティショナー取得と追記しました。

すると…

何と翌日、こんなものが届きました。

Paiza経由での「ゴールデンスカウト」です。

今までただのスカウトは月に何件も来ていたのですが、ゴールデンスカウトは初めて来ました。

さらに東証上場企業からもゴールデンスカウトが!

ゴールデンスカウトがたまたま1つ来たのではありません。
このように複数件届くようになったのです。

今まではJavaでのアプリ開発の経験しか書いていなかったのです。
そこに「AWS認定クラウドプラクティショナー取りました」と書いただけで、今までとは違うスカウトが届くようになりました。

つまり、転職マーケット内での見え方が変わったということですね。
今とる価値はかなり高いと思います。

AWS認定資格は取得メリットあり!

私はJavaばっかりやっていた経歴書だったのですが、AWS認定資格を載せることで、フルスタックっぽさが出たのが良かったのかもしれません。

「アプリメインだけど、インフラのことも少しはわかってるな」って思ってくれたのかもしれません。

とにかく、AWSはクラウド市場のシェアぶっちぎりNo1なので、今取得する価値はかなり高いと思います。

クラウドプラクティショナーは知識を問う内容で暗記さえすれば取得できます。
上で紹介している本を1ヶ月も読み込めば、十分合格可能だと思います。

転職するときは、かなり武器になるでしょうね!

スポンサーリンク

-AWS, キャリア・スキルアップ

Copyright© ノリックジオグラフィック for Webエンジニア , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.