" />

スポンサーリンク

AWS

AWS CLIのインストールと設定情報の保存先

投稿日:

ローカルからAWSをコマンド操作する場合、AWS-CLIを利用する。

AWS CLIのインストール

$ curl "https://awscli.amazonaws.com/AWSCLIV2.pkg" -o "AWSCLIV2.pkg"
$ sudo installer -pkg AWSCLIV2.pkg -target /

--以下、確認コマンド
$ which aws
/usr/local/bin/aws
$ aws --version
aws-cli/2.2.7 Python/3.8.8 Darwin/20.3.0 exe/x86_64 prompt/off

AWS CLIの初期設定

AWS-CLIをインストールしたら、まず $ aws configure コマンドでアクセスキーIDとシークレットアクセスキーを設定する必要がある。

アクセスキーIDとシークレットアクセスキーはAWS IAM画面で取得できる。

AWS CLIの設定情報の保存先

$ aws configure で設定した情報は、ユーザーホームディレクトリの.awsに保存される。

$ cd ~
$ ls -a
.aws

$ cd .aws
$ ls
config		credentials

$ less config
[default]
region = Tokyo
output = json

$ less credentials 
[default]
aws_access_key_id = XXX
aws_secret_access_key = XXX

スポンサーリンク

-AWS

Copyright© ノリックジオグラフィック for Webエンジニア , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.