" />

スポンサーリンク

AWS

ELB(Elastic Load Balancer)の基本的な役割

投稿日:

ELBの3つの基本的な役割・機能

リクエストの分散・振り分け

1つ目はELBという名前の通り、ロードバランシングです。
リクエストを複数のサーバに分散します。
そうすることで、サーバにかかる負荷が分散され、各サーバは安定してサービスを継続することができます。

SSL処理

HTTPSによる暗号化された通信を行う場合、各Webサーバで復号化するのは重い処理です。

ELBで復号しておき、平文をWebサーバに転送することで、Webサーバの負荷を軽減することができます。

ELBは復号のための専用の仕組みが用意されているため、Webサーバでの複合よりも高速に行うことができます。

不正リクエスト対策

不正なリクエストが送信されてきた場合、いきなりWebサーバで受け取るのは危険です。

ELBは不正なリクエストを検知する機能を持っているため、Webサーバに不正なリクエストが届く前に、そのリクエストを破棄することができ、Webサーバを守ることができます。

ELBの3つの種類

ALB-Application Load Balancer

HTTP/HTTPSをロードバランシングする。
WebサイトやRest APIの構築で使用される。

NLB-Network Load Balancer

HTTP/HTTPS以外のプロトコルをロードバランシングする。

Classic Load Balancer

ALBやNLBが登場する前に使われていた、古いロードバランサー。
今後作成するELBでこのタイプを選択することは基本的にはない。

スポンサーリンク

-AWS

Copyright© ノリックジオグラフィック for Webエンジニア , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.