" />

スポンサーリンク

Spring 開発

Springプロジェクトを作成する

更新日:

Spring initializerでプロジェクトを作成する

Springでプロジェクトを作成してAPI群を構築していく第一歩は、Spring initializerというSpring公式のWebサービスを利用して、Springプロジェクトの雛形を作ることから始まる。

項目選択値
ProjectMavenではなく、Gradleを選ぶ。Gradleを使用するのが一般的である。
Spring Boot(SNAP SHOT)がついている最新バージョンを選ぶ。
Project MetadataArtifactにはプロジェクトフォルダになる名前を指定する。ここでは「sample-project-api」とした。
PackagingJarを選ぶ。Jarの中にTomcatが同梱されているので、java -jar コマンドで起動できる。Tomcatをサーバにセットアップしたい場合は、warを選ぶ。
Javaバージョンは2021/2/2時点で安定している11を選ぶ。
Dependencies右側ペインのDependenciesは空で良い。使用するDependenciesが分かっている場合は、この時点で選択しても良い。後でbuild.gradleで設定できる。

この辺はどの案件でも必要となるため、選択しておくと良い。
・Spring Boot DevTools・・・ホットリロードを有効にするための部品。
・Spring Web・・・MVCフレームワークを使用するための部品。
・Spring Security・・・ログイン機能を作るための部品。
・PostgreSQL Driver・・・RDBに接続するための部品。
・Validation・・・バリデーションの基本になる部品。

選択して「GENERATE」押すと、zipがダウンロードできる。zipのを解答して、中身をプロジェクトフォルダに移す。

本ガイドでは「sample-project-api」というプロジェクト名にした。

IDEに読み込む

IDEはintelliJ IDEAを使用します。無償のCommunity Editionで実案件の実績多数ありますので問題ありません。Eclipseより軽量という評判です。
下記記事でインストールと日本語化やショートカットのEclipse化を説明しました。
>>intelliJ IDEAをインストールする

ファイル>既存ソースのプロジェクトを選択する。

spring initializer で作成してきたディレクトリを選択する

Gradleプロジェクトとして読み込む。(大事)

プロジェクトが読み込まれたら、画面右側に「Gradle」というタブがあり、押すことでGradleのタスクが実行できる。

動作確認する

GradleタスクのbootRunを押すと、サーバが起動するため、起動完了するまで待つ。
2021-02-03 15:29:42.519  INFO 8640 --- [  restartedMain] o.s.b.w.embedded.tomcat.TomcatWebServer  : Tomcat started on port(s): 8080 (http) with context path ''

このように表示されたら、サーバが起動されているため、ブラウザからアクセスする。

起動時のログに Tomcat started on port(s): 8080 (http) とあるため、「http://localhost:8080/」にアクセスする。

ここではspring initilizerで Spring Security を選択したため、このようなログイン画面が表示されている。選択していない人は、別の画面が見えているかもしれないが、エラー画面でなければ問題ない。

ここまで確認できたら、プロジェクトに機能を追加していく準備ができた。

以上

スポンサーリンク

-Spring, 開発

Copyright© ノリックジオグラフィック for Webエンジニア , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.