" />

スポンサーリンク

Laravel PHP

WindowsでPHP(Laravel)の開発環境を構築する

更新日:

概要

1.PHPをインストールする・・・まずはPHP本体をインストールします。

2.Composerをインストールする・・・PHPのライブラリ管理ツールである、Composerをインストールします。

3.Laravelをインストールする・・・Composerを使用してLaravelをインストールします。

4.Laravelプロジェクトを作成し、起動する…Laravelプロジェクトを作成し、ローカルで最初の画面が表示できることを確認します。

1.PHPをインストールする

https://windows.php.net/download/

1.1.上記公式サイトから、PHPをダウンロードします。

VS16 x64 Thread Safe (2021-Jan-06 00:30:21)
Zip [25.43MB] を選択した。

1.2.展開して、C直下に配置します。
つまり、C:\php-8.0.1 このようにします。

1.3.環境変数 Path に C:\php-8.0.1 を追加します。

1.4.コマンドラインで php -v を実行し、バージョンが表示されたら、
PHPは正常にインストールできています。

1.5.php -v で、このようなエラーが表示された場合、

PHP Warning: 'C:\Windows\system32\VCRUNTIME140.dll' 14
this PHP build linked with 14.28 in Unknown on line 0

Visual C++ 2015-2019 ランタイムが必要です。PHP公式サイトのサイドバーのVC15 & VS16のとこにあるリンクからダウンロードして、インストールします。

コマンドラインでもう一度 php -v を実行して、バージョンが表示されることを確認します。

PHP 8.0.1 (cli) (built: Jan 5 2021 23:43:39) ( ZTS
Copyright (c) The PHP Group
Zend Engine v4.0.1, Copyright (c) Zend Technologies

このように表示されたら、PHPを動かす環境ができました。
おめでとうございます!

2.Composerをインストールする

2.1.Composerをダウンロードする

Composer公式サイトの「Composer-Setup.exe」をクリックしてダウンロードします。

ダウンロードしたexeファイルを実行すると、インストールが始まります。そのままの設定でOKです。

2.2.コマンドラインでcomposer -v コマンドを実行し、バージョンが表示されることを確認する。

$ composer -v
$ Composer version 2.0.8 2020-12-03 17:20:38

このように表示されたらインストール成功です。

3.Laravelをインストールする

下記コマンドでLaravelをインストールします。

$ composer global require laravel/installer

laravel -v コマンドにより、次のように表示されたらOKです。
Laravel Installer 4.1.1

エラー Laravel がインストールできない

Laravel をインストールすると、laravel コマンドが使える(4で紹介)ようになるのですが、なくてもLaravelプロジェクトは作成できます。

$ composer create-project laravel/laravel no6-sample --prefer-dist

このコマンドを使用して作成してください。

4.Laravelプロジェクトを作成し、起動する

下記コマンドで新しいLaravelプロジェクトを作成します。

$ laravel new no6-sample

$ cd no6-sample で、作成されたディレクトリに入ります。

$ php artisan -v で、php artisan が動く事を確認します。

$ php artisan serve で、プロジェクトが起動できればOKです。

Starting Laravel development server: http://127.0.0.1:8000
[Sat Jan 9 16:24:49 2021] PHP 8.0.1 Development Server (http://127.0.0.1:8000) started

このように表示されるので、表示されているURLにアクセスしてみましょう。

このように表示されていれば、Laravelプロジェクトの初期構築は成功です!

エラー $ php artisan -v が正常に実行できない。

$ php artisan -v
PHP Warning: require(C:\Users\xxx/vendor/autoload.php): Failed to open stream: No such file or directory in C:\Users\xxx\artisan on line 18
PHP Fatal error: Uncaught Error: Failed opening required 'C:\Users\xxx/vendor/autoload.php' (include_path='.;C:\php\pear') in C:\Users\xxx\artisan:18

読んだ通り、autoload.php というファイルがないことが原因です。これが作られていないということは、 $ laravel new に失敗している可能性があります。

1.PHPのインストールで配置したフォルダ(C:\php-8.0.1)にphp.ini という設定ファイルがあります。そこに次の1行をファイルの最終行あたりに追加してください。

extension=php_fileinfo.dll

すると、$ laravel new xxx が成功すると思います。(私はしました)

参考 https://weblabo.oscasierra.net/php-72-windows-install/

参考 https://readouble.com/laravel/4.2/ja/quick.html

参考 https://qiita.com/sola-msr/items/95e06e66730468b6c7bc

スポンサーリンク

-Laravel, PHP

Copyright© ノリックジオグラフィック for Webエンジニア , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.