" />

スポンサーリンク

AWS

ネットワークACLとセキュリティグループの違い・使い分け

投稿日:

VPCのセキュリティ対策

設定できるルールが違う

セキュリティグループ許可するポート番号と送信元IPの組み合わせを登録する。
ネットワークACLポート番号と送信元IPの組み合わせと許可or拒否を登録する。
ネットワークACLとセキュリティグループの設定できるルールの違い

設定対象が違う

ネットワークACLサブネットに対して設定する。
その結果、サブネット内の全リソースに適用される。
セキュリティグループEC2/ロードバランサー/RDSなどにの各リソース対して設定する。
ネットワークACLとセキュリティグループの設定対象の違い

上記のことから、ネットワークACLの方がセキュリティのレイヤーとしては上位、先に来ることになる。

使い分け

組み合わせて使う。

ネットワークACLで基本的な制御を行い、各リソースに対してはセキュリティグループで詳細に制御する。

一般的には、ネットワークACLで全て拒否(基本的な制御)しておき、セキュリティグループで許可するものだけ登録(詳細な制御)するという使われ方らしい。

スポンサーリンク

-AWS

Copyright© ノリックジオグラフィック for Webエンジニア , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.