" />

スポンサーリンク

Git

GitHub ActionsでHello World!

更新日:

この記事のゴール

GitHub Actions はGitHub環境のCI/CDツールです。

GitHubのリポジトリ画面の「Actions」タブから任意のワークフロー(パイプラインのようなもの、Actionを指す)を作成することができます。

まずは、指定ブランチへのプッシュをトリガーに起動して、任意の文字を出力するワークフローを作ってみました。

YAMLファイル定義

置き場所・YAMLのファイル名

GitHub上から作成したらわかりますが、プロジェクトルート(.gitのある階層)に、「.github」フォルダが作成され、その下に「workflows」フォルダが作成されます。その中に、ワークフローを定義したYAMLファイルを配置していきます。

ファイル名は拡張子が「.yml」か「.yaml」であれば何でも良いようです。(ここではhoge.ymlにしました。)

Hello World!するYAMLの記述

name: Hello Git Actions

on:
  push:
    branches: [ main ]
jobs:
  build:

    runs-on: ubuntu-latest

    steps:
    - name: My first step
      run: echo 'Hello Git Actions!'

hoge.yml の中身をこうして、ymlをプッシュしてワークフローの設定は完了です。

次は、ターゲットである main というブランチにコードをプッシュして、ワークフローの動作を確認します。

プッシュ~ワークフローの実行

任意のファイルを main ブランチにプッシュすると、ワークフローが実行されます。Actionsタブの一番上の行でキューに登録されているのがわかります。タイトルはコミット名になっています。

しばらくすると、黄色い丸印が、緑のチェック印に変わりました。終了しました。

ログを見るために、コミット名(上の画像の赤線のところ)を押します。

build というジョブ名なので、左ペインの「build」を押します。すると、右側にそのジョブの実行ログが出てきます。

My first step というステップ名なので、右ペインの「My first step」を見てみましょう。すると、確かに「Hello Git Actions!」と表示されています。

プッシュをトリガーに任意のコードを実行できることが確認できました。

GitHub Actions のYAMLの説明

name: Hello Git Actions # ワークフロー名

on:
  push:                 # トリガー
    branches: [ main ]  # トリガーするブランチ名
jobs:
  build:                # ジョブ名

    runs-on: ubuntu-latest  # 実行完了

    steps: 
    - name: My first step   # ステップ名
      run: echo 'Hello Git Actions!'  # 実行内容

https://github.com/tahkah0124/noricgeographic-s3-static-site-hositing/blob/main/.github/workflows/hoge.yml

公式ドキュメントはこちらです。
GitHub Actionsのワークフロー構文

スポンサーリンク

-Git

Copyright© ノリックジオグラフィック for Webエンジニア , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.