" />

スポンサーリンク

Vue.js

Nuxt.jsのAPIコール時のCORS対策

更新日:

解決策 nuxt.config.jsにaxiosの設定に追加する

  // axios: {},
  axios: {
    proxy: true,
  },

  proxy: {
    '/api/': {
      target: 'http://localhost:8081',
      pathRewrite: {'^/api/': '/'}
    },
  },
    const url = "/api/list";
    this.$axios.$get(url).then((res) => console.log(res));

初期状態では axios: {} となっている部分に、上記のようにプロキシ設定を追記しました。

これによって、APIと同一オリジンと見做され、レスポンスを受け取ることができるようになります。

ただし、仕組みはイマイチわかっていません。

上記画像のように、デベロッパーツール上では、リクエスト先(Request URL)は変わっていないからです。

本当のAPIは 8081 で起動しているので、ここが8081に変わっているものだと思っていたのですが、変わっていなかったので、どういう仕組みかは分かりませんでした。

発生したエラー No 'Access-Control-Allow-Origin' header is present

Nuxt.jsでプロジェクトを作成し、とりあえずローカルのAPIと疎通確認をしたいと思い、次のようなコードを書いて実行しました。
(Nuxt.jsプロジェクトはポート3000、APIはポート8081で起動しています)

    const url = "http://localhost:8081/list";
    this.$axios.$get(url).then((res) => console.log(res));

すると、Chromeのデベロッパーツールのコンソールに、このようなエラーが出力されていました。

Access to XMLHttpRequest at 'http://localhost:8081/list' from origin 'http://localhost:3000' has been blocked by CORS policy: No 'Access-Control-Allow-Origin' header is present on the requested resource.

Access-Control-Allow-Origin というヘッダーがリクエストに必要とのことです。

リクエスト内容を確認すると、確かにそんなヘッダーはありませんでした。

スポンサーリンク

-Vue.js

Copyright© ノリックジオグラフィック for Webエンジニア , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.